4D ORIGAMI

「UNIT ORIGAMI」は1枚の板に特定の切れ込みと折線を入れ、捩りながら折っていくことによって螺旋状の形態を得る。この御幸折は、どこか1カ所を折ると他の部分もすべて連動して折られるという特徴を持っている。ここではそれらを相互に連結してリジッドな構造体を成立させ、店舗全体の空間を構成した。

(制作・設置協力:町田美菜穂 小山祐輔 伊郷光太郎 矢部正憲 伊藤慶虹)

 

「MOTION ORIGAMI」は、1枚の平面が折られることによって起きる形態的・空間的変化を、光の透過と反射によって生まれる像の拡散を用いて表現した。折り紙の持つ幾何学性と形態の抽象性を担保するため、構造体には極めて薄い1.3mmのCFRPを用いた。

(照明制御:バッファールネス, 構造体制作協力:ACM

 

http://www.flickr.com/photos/gh-e/sets/72157635166627868/

 

ARTIST :藤元明

DESIGN/ENGINEERING :gh/e

LOCATION :日本橋三越7階 LOEWE展

DATE :2013.02.20 – 25

MATERIAL :発泡塩ビ板, 真鍮ネジ, CFRP板, ケブラー糸, 他



gh/e